ふるさと青汁 花粉症

2月は1年のうちで最も寒い月ですが、日によっては春の気配を感じることもありますよね。

 

そんなときはちょっと気分が上がったりするんですが、手放しでは喜べません。

 

春は花粉症の時期でもあるからです。

 

花粉症が本格化すると、鼻が詰まって夜ぐっすり眠ることができません。

 

睡眠不足は美容の大敵。

 

病院に行ったり、薬を買って飲んでみてもイマイチ効果を実感できない・・・。

 

もし毎年そんな状況が続いているなら、一度マイケアのふるさと青汁を試してみるのもいいかもしれません。

 

ふるさと青汁,花粉症

 

マイケアのふるさと青汁の主原料の明日葉にはLPS(リポポリサッカライド)という物質が含まれています。

 

このLPSは免疫力の向上が期待できるので、花粉症脱却の糸口になる可能背が高いんです。

 

LPSは日本LPS免疫協会といった組織が存在するほど大注目されています。

 

ふるさと青汁は青汁独特の青臭さがなく、抹茶のようにすっきりおいしく飲めるのが特徴です。

 

毎日飲んでいるお茶の代わりとして手軽に花粉症対策ができるというわけですね。

 

今なら初めての人限定で全額返金保証が付いています。

 

花粉症対策として、まずは下のボタンを押してふるさと青汁をチェックしてみてはいかがでしょう。

 

 

ふるさと青汁と花粉症の関係

 

ふるさと青汁,花粉症

 

一般的な青汁はケールや大麦若葉がから作られていますが、ふるさと青汁の主原料は明日葉です。

 

明日葉はスーパーフードと呼ばれるほど、栄養が豊富な植物。

 

そして明日葉には、各国の研究機関が注目しているLPS(リポポリサッカライド)という物質が含まれています。

 

リポポリサッカライドなんて、舌をかみそうな名前ですが、日本では日本LPS免疫協会といった専門組織が存在するほどなんですよ。

 

そもそもリポポリサッカライドなんぞや?ということなんですが、一言で言えば免疫の改善。

 

花粉症も免疫が原因で起こる症状なので、免疫を強化することこそ、花粉症の一番の対策になりえるというわけですね。

 

 

以下は日本LPS免疫協会からLPSの説明文を抜粋したものです。

 

 

免疫力向上の重要性が話題を集める昨今、スーパー免疫力を育むとして注目されているLPS(リポポリカッサライド) LPSは、身体の自然治癒力を活発にさせることで、感染症の予防から、現代人が陥りがちな生活習慣病の予防、はたまたこれまで薬に頼らざるを得なかった病気の改善まで、様々な効果があることが明らかになっています。
さらに、肌にもこの自然治癒力が備わっていることから、創傷治療、抗炎症、そして美肌への効果が、世界各国の研究で明らかになってきました。

 

引用元:日本LPS免疫協会

 

 

そして、花粉症に悩むわたしたちが最も興味をそそるのがこちら。

 

 

花粉症も免疫のバランスが乱れることによって起こります。
自然免疫の司令塔であるマクロファージをLPSで活性化することによって、バランスが整い、花粉を抑制する効果があります。
マウスに花粉を与えて花粉症にする実験ではLPSを与えた場合と与えない場合とで、LPSを摂取しないマウスに比べ、LPSを摂取したマウスは、鼻をかく回数が格段に減少し、花粉症に効果があることが分かりました。

 

引用元:日本LPS免疫協会

 

 

一般的な青汁に使われているケールや大麦若葉のLPS含有量は、0.2〜0.5μg/gですが、ふるさと青汁の原料である明日葉にはなんと13.8μg/gとぶっちぎりの含有量です。

 

このことから、ふるさと青汁は他のどの青汁よりも花粉症対策として賢い選択と言えますよね。

 

ふるさと青汁は花粉症に効くのか?

 

ふるさと青汁,花粉症

 

ここまではふるさと青汁とLPSの関係についてお伝えしてきました。

 

よく見かける一般的な青汁とは明らかに違っているのがふるさと青汁の特徴です。

 

でもやっぱり一番気になるのは、本当にふるさと青汁は花粉症に効くのかということですよね。

 

ここで間違えないでもらいたいのが、

 

ふるさと青汁は花粉症の特効薬ではなく、あくまで健康食品

 

ということ。

 

飲んだ瞬間に花粉症が治るわけではありません。

 

今すぐ花粉症をなんとかしたいというのなら、やっぱり病院へ行って薬によるチカラ技で抑えるほうが手っ取り早いでしょう。

 

でもそれは一時しのぎにすぎません。

 

来年も再来年も見据えるならLPSを念頭においた対策が有効と言えるでしょう。

 

さいごに

 

ふるさと青汁,花粉症

 

花粉症は現代病です。

 

たとえば、江戸時代に花粉症で苦しんでいた人がいたなんて話は聞いたことがありませんよね。

 

なぜ花粉症が国民病と呼ばれるまで広まったのかは定かではありませんが、1つは食生活に原因があると考えられます。

 

人間の体はいつもわたしたちが口にする食べ物で作られています。

 

だから、栄養が少なければ、体に問題が起こっても当然と言えるでしょう。

 

その1つが野菜不足です。

 

野菜をたくさん食べるのは体にいいとわかってはいても、忙しい生活の中では野菜を食べ続けるのは困難です。

 

そんなときはやっぱり王道の青汁。

 

でも、青汁はやっぱり不味いんですよねぇ。

 

その点、ふるさと青汁は緑茶や抹茶に近い味わいなので、割とスッキリ飲むことができるという利点があります。

 

薬を飲んでいるにもかかわらず、毎年花粉症に悩まされているなら、一度ふるさと青汁を試してみるのもいいかもしれません。

 

今なら全額返金保証もついているので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。